モテるのは、マインドセットがすべて、それを証明しよう。

恋愛解明ゲーム、そしてぼくは人間になる。

イケてる男は、例外なくどこかアグレッシヴな一面を持っている。

こんにちは。最近寝不足気味のやじろべえです。

短時間睡眠には否定的、睡眠はしっかりとろう派のやじろべえですが、睡眠不足、あー、ストレス溜まりますね(ノ∀`)アチャー

頭使いすぎるとこうなります(自分で言うな!)。みなさんも健康には気を付けてください。

ではお勉強です、メモでも取りながら体系的にまとめるとよりグッとパラダイムシフトが早まりますよ。

 

============================

みなさんは、モテる男の「3G」というのを聞いたことがあるでしょうか??

これはネットで情報収集しているときにちらっと目にしたんですが、これがモテ男の特徴だとか。。

ネットには表面だけなぞったような、他人の二番三番煎じのようなゴミサイトが多い中これはシンプルにモテ男の特徴を突いていて、さらに一貫性がありましたので、えー、採用いたしました。

以下転載です。

絵音 3Gというのがあるんですけど、「ジェントル、ギャップ、強引」。この3つを兼ね備えてる人がモテるってことなんですけど、最初から強引だとダメで。やっぱり最初にジェントルさ、紳士的にふるまって、ギャップを見せつつ強引に引き寄せる、「俺んとこ来いよ」っていうね。

 

logmi.jp

 

ログミーの記事から引っ張ってきました。

 

ぼくは合コンというものを「幹事マックスの法則」で考えているので、そこで繰り広げられる細かい戦術などはしょうもないと思うし、これを”戦争”と比喩するのは全くおかしな話と思うのですが、(もっともっと必死こいてやるべきことはいっぱいあるでしょうが、と思う)、絵音氏が形容した「モテる男は3G」というのは的を射ていると思いますので、採用していいでしょう。

 

3Gとは「ジェントル、ギャップ、強引」

 

これは、ブログでもたびたびテーマにした概念ですが、「あなた、これをやれるんですか?」は、いったい何に依るのかというと、「アグレッシブ」なマインドですよ。3Gを知ったところで、心が弱い男には一生使えない芸当なのです。

 

「アグレッシブ」とは日本人には積極的みたいに考えられていますが、それはポジティブのほうで、アグレッシブは「攻撃的な」「強引な」という意味合いのほうが強い、英語では「侵略的な」という意味も含むので、気を付けて使わなければなりませんが、この意味合いは男にとって必要なマインドの状態です。

生きていれば、しんどい場面に必ず遭遇しますね、必ずです。成功者かどうがとか、職業とか、生まれや育ち、国籍、老若男女、問わずすべての人類がそうです。この人生における壁というか困難は平等にやってきます。構造的な貧富の差の講義はまた別の機会に譲るとして、大なり小なり苦労を経験します。今成功をつかみ、何の苦労も知らないで生きてきたように見えるアノ人も必ず何かしらの困難を超えてきた人なのです。常々言っているように苦しいものを正攻法で超えてきたほど、成功者オーラがハンパない。

では、そういうめんどくさいけど必ず遭遇するような物事をいかに適切に処理して、越えていくか?というのはまさに、

『アグレッシブさ』

にかかっているのですよ。

つまり、成功者はエネルギッシュで、バリバリ働き、どこか色気があり女好き(爆)。

これは根本に「攻撃的で」「強引な」一面を持っていて、困難に遭遇したとき、その勢いで乗り切ることの裏返しです。

 

しんどさを乗り切るのに、何かの技術や知識、経験、も役に立つでしょうが、「あと一歩」を支えるのは強さであり、「aggressive」なのです。

 

さて、アグレッシブであるという性質は、恋愛面でどのように発揮されるでしょうか?

根本的にアグレッシブである男は、恋愛において如何に振舞うのでしょうか?

これが、今日のテーマです。

上述した、「3G」なのですよ。

 

・ジェントルマン

この思想の根底には、「男は男らしく」というポリシーや「男として、何をすべきか?」という問題意識がつねに存在します。役割理論です。これは、男はどういう生き物なのか?という探求→やるべきことが自然と見つかる。という行動原理があります。当然、”男として”闘う場面や、耐える場面があってもそのように、行動するにすぎません。獲物を獲得する、大切なものを守る、自分に属するものをリードする、という古来からの男の生き方そのものだからです。この当たり前の生き方に、当たり前の反応として女の♡がついてくるのですよ。

 

・ギャップ

ギャップは以前論じたように、多才な男の各面の表現になりますから、この面が多いほど器の大きい男ということで、面の距離が遠いほど、ギャップのある男ということになります。ここでどのようにたくさんの面を持つことができるのですか?という問いに答えなければなりません。答案は、端的に表現すると、困難乗り越えろ!となります。あら、冒頭のあそこに戻ってしまいましたね。結局、そこは避けては通れない。そして、ある意味様々な面を表現して生きるのも時にリスクが伴いますから、勇気ある行動として「積極的に人生を攻めていく」性質、これこそギャップを作る、ギャップを活かす男になれるんですね。

 

・強引さ

これは字の通りですが、この性質は女から見てなぜか吸引力のある特質のようです。脳科学では明らかにされていますが、非モテにはどうも解せないでしょう、この強引さ。しかし、これが現実なのだから受け入れるしかありません。賢明なるモテマインドの読者なら強引さと優しさが決して矛盾しないことはすぐわかりますね。物事を決める、決めた後あれは正しかったんだろうか、と悩む女性にとって、「強引に導く」というのはたいへんありがたいことです。男なら強引なだけではなく、強引に行ったその結果を見せてあげることで優秀さを証明していくという方法で女心を掴まなければなりませんね。

 

この3Gを備えているだけで驚くほどイケてる男であることが、なんとなくイメージできたんじゃないでしょうか。ぜひそのイメージを大切にして日々過ごしてください。

 

今日も「アグレッシブに生きるぞ」とマインドをセットするだけで、だいぶ充実した一日を送れますよ。

 

 

やじろべえ☆

 

 

============================

質問やコメントがあるとたいへんテンションが上がり、筆がサラサラすすみます、はい。

気軽にコメントしてください。

ご意見「いやいや、そのシチュエーションではこうでしょ」とか要望「ここんとこ、いまいちよくわかんないっすよ」とかあればコチラまで。

▶▶Twitter;https://twitter.com/dekiruotoko2015

ツイッターでからでも、このはてブに直接でも、なんやかんやコメントしてもらえれば、一人でニヤケてますので。さらに、フィードバック出来るほど興味深いものは、テーマとして扱えます。

引用や転載も大歓迎です。その際は出所はしっかり明記してもらえると大変喜びます。

=================================